ダメ計しないポケ勢

とある理由からこのTNを使うことになったもののポケモンブログです。

SM S1 最高最終レート2103 102位 クワガノン軸ルカリオスタン

SMのS1お疲れ様でした!

ポケモンが出る中過去作のモンスターの多くが使用不可の環境下でS1終了3日前に2000乗ってそれから2000を反復横跳びし最終日1940位からPTを一から組み直し4時間くらいで2103までレート上げることができたPTを雑にですが紹介したいと思います。

 

f:id:sinnmeiryuu3391:20170117195929p:plain

f:id:sinnmeiryuu3391:20170117200600p:plain

 

個別紹介

 

ルカリオ 臆病 精神力  ルカリオナイト

CSぶっぱ余りD

ラスターカノン 波動弾 しんくうは 悪巧み

構築の軸にしようと思ったメガ枠。物理型での採用をしなかった理由は環境に多いテテフにアイアンテールがない今弱点ついて倒せないのは弱い+マンダに手も足も出ない状態を避けたいと考えた結果特殊型での採用に至った。無駄にBがUのめざ氷個体で目座氷の採用も考えたが上に行けば行くほどマンダとの遭遇率が下がっている感じがしたので技構成はこれで良かったと思っている。気合玉を採用しないのはオニゴーリを許さない一心と格差マッチの多い状況下で命中不安な気合玉にだけは頼りたくなかったためです。努力値の余りDに振っている理由は初手ルカリオ・ポリ2(ダウンロード)対面とかでつり出しをした際に居座られてしまった際の被害軽減が主な理由。選出率は2位

 

ガブリアス 陽気 鮫肌 ドラゴンZ 

ASぶっぱ 余りD

地震 逆鱗 炎の牙 剣の舞

 単に炎に弱くなく電気に後出しが出来て相手のサイクル崩壊を狙える枠で思いついたのがガブしかいなかったので剣舞ドラゴンZガブを採用。どうしても択になりやすく補完的な意味合いでの採用だったので選出率は一番低かったが流石ポケモン界の主人公は受けル相手に3タテかますなどしっかり仕事してくれた。選出率6位

 

ポリゴン 図太い トレース しんかのきせき

H244 S28 残りB 

 放電 冷凍ビーム 毒々 自己再生

 

マンダ・ギャラドスのストッパーとして採用したモンスター。S実数値84に調整している理由としては同族60族に1チャン上とれたらなって考えと最速とらないテッカグヤの多くがS実数値84に調整されていると思ったので敢えて同速調整をしました。

同速調整の理由はテッカグヤに交換読みなどでヤドリギを入れられた際に先制身代わり守るor後攻身代わり守るで粘られる展開を強引に少しでも避けようとかんがえたためです。Sラインが相手が上であれ下であれ同速だと運が絡むが相手先→こっち後放電で身代わり割る→同速勝てれば放電麻痺狙い・・・ってのをやりにいけたらカグヤを崩しやすくなると思ったから。物理受けとしてだけでなく対面からコケコを強引に誤魔化したりとBD共に安定の耐久力は本当に頼りになった。選出率4位

 

クワガノン 控えめ  突撃チョッキ

H244 C212 余りD

10万ボルト ボルトチェンジ むしのさざめき めざぱ氷

Cを無振りガブをめざ氷で確定1発調整のはず・・・です。PTの潤滑油でありよく先発からの様子見要因として選出率1位のモンスター。地面無効S遅いボルチェン高火力アタッカーの条件みたせる数少ないモンスターだった+オニゴーリ対策として採用。基本的には後攻ボルチェンからスカーフテテフ・ルカリオ・ガブのどれかに主に繋ぎ強引に有利多面を作るが仕事。S遅い関係で先発クワガノン・コケコ対面でよくコケコにボルチェンいれて襷つぶしからスカーフテテフだしてフィールド奪って殴ったりミミッキュに後攻ボルチェンで化けの皮剥がして後続無償降臨等といった感じでとても機能してくれました。あとはテッカグヤの宿り木身代わりループを強引に抜けれるのもよかった。

 

カプ・テテフ 臆病 スカーフ

CSぶっぱ余りH

サイコキネシス ムーンフォース 10万ボルト シャドーボール

 

PT単位できついポリゴンZ・デンジュモク・コケコ・ルカリオ・マンダ等などを上から倒しに行く枠として採用。とにかくクワガノンで一貫作ってお掃除しに行ったりクワガノンにたいしてガブのドラゴンZがよく飛んできたのでドラゴンZ読みで後出ししたりと結構頼りになりました。選出率は3位

 

 テッカグヤ 臆病 食べ残し

H228 D20 S252 余りC

ラスターカノン 火炎放射 やどりぎのたね 身代わり

 

ここまでで重たいギルガルドへの引き先と一応テテフへの引きさきと対ハッサム要因として採用。ただ基本テテフは電気Z持っていたりと安定しないためほんと刺さりやすそうな相手にしか出さない感じ。ジバコイル入りは磁力だと思った瞬間出しませんでした。選出率は5位。

 

今シーズンの感想+基本選出+重いモンスター

 

クワガノン+(ルカリオ・テテフ・ガブから2匹)

有利対面から強引に数的有利を積極的に取りに行く選出

 

クワガノン+テッカグヤ+補完 

有利対面からカグヤの宿り木で削りを入れつつ補完枠で抜きに行くorポリゴン2と合わせてサイクルする選出

 

以上が基本選出でクワガノン出せない時は選出をうまく考えてやってきた。

 

PT単位では

 

フェローチェ 即降参したいレベルできつい。襷持ちは特に無理。テテフだして毒づき誘ってガブに触れてもらってテテフで倒すくらいしかない。

 

メガメタグロス 受けれるやついないしテテフ対面作られた瞬間負けてもおかしくない。アムハンなければいいがあれば終わってもおかしくない。単に嫌い。

 

他にも重いモンスターはミミッキュ・ルカリオなど色々といるけど他はなんとかプレイでなんとかできる範囲だと思った。

 

とにかく如何にうまく数的有利を取れる+積み技に対するケアが 今シーズンZ技の追加もあり重要と考えた。色んな動画や生放送など漁りまくったけどSラインの遅いPTはZ技持ち(特にガブ・ミミッキュ)に崩されて負けの展開が多かったのでミミッキュの影うちに縛られにくく・ガブを上から叩けるコマはPT内で必須と考えたのでPTに採用したクワガノン以外のアタッカーは全員ガブ以上のSライン確保できるものにしたがこれは正解だったと思った。現にZ技によるメジャーポケからの崩壊は相当抑えることができた。

バンク解禁後の環境がどうなるかはわからないけどZ技持ちのSラインは気にしてPT組む必要性だけは変わらないとそこらへん意識しつつもっと上を目指せる構築を組んできたいと思った。バンク解禁後はできれば好きな受けサイクル使いたいと思っているので対戦する機会ある人はよろしくお願いします。